長年の風雨で傷んだ壁や屋根、予期せぬ巨大台風で破損した場所…。
永い年月の中では、突発的な災害にもあうかもしれません。

完全に家が破壊されてしまっては打つ手はないかもしれませんが、例えば破損した屋根、壁や雨樋などを直す事で家を長持ちさせる事ができます。

例えば、屋根。
風雪に耐え、家族を守ってきた屋根も疲弊してきます。

その疲弊した屋根を、リフォームする方法の一つには、この様なかぶせ工法と言う手段もあります。

屋根その物を作り替える事ができない時でも屋根を多うカバールーフなら対処できるのです。

 

多くの工務店に、家の建て替えを勧められるかもしれません。

時には必要かもしれませんが、でも長く住んだ家に対する愛着や思い出は何物にも代え難いと思う人も多いのは事実です。

そんな家を建て替えるのではなく、その家や住む人にあったリフォームを行う事で住み続ける。
「家」と言うのは、ただそこにある建物ではありません。
家族という言葉があるように、永くそこに在る事で人との繋がりが生まれてきます。